一条寛治のブログ

憲法と国防について考えるブログです。

「日本国憲法」論

日本国憲法は、協約憲法である。

憲法典は、成立過程の違いによって①欽定憲法、②協約憲法、③民定憲法に分類される。 ①欽定憲法は、君主の権力のみによって成立する憲法をいう。帝国憲法が欽定憲法と言われるのは、天皇の権力のみによって成立したからである。というのは、国民代表機関である…

日本国憲法前文は、当然に集団的自衛権を認めている。

(最終更新日:2017/11/4) 第二段落第一文 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。 「平和を愛する諸国民…

日本国憲法上諭で考える、無効論

(最終更新日:2017/12/5) 日本国憲法前文第一段落第一文に「日本国民は・・・この憲法を確定する」とあるから、民定憲法であるように見える。しかし上諭には「朕は・・・帝国憲法の改正を裁可し、ここにこれを公布せしめる」とあるから、欽定憲法のようにも見え…