一条寛治のブログ

日本憲法と安全保障について考えるブログです。

歴史

鎌倉~室町時代の地政学と、現代

元寇と倭寇の話。 (画像引用元:鷹島神崎遺跡 | 松浦市の観光情報サイト「松恋」) 「1231年、モンゴル軍は高麗に侵攻。1259年に高麗は服属し、1274年、モンゴル・高麗が連合したモンゴル帝国軍(元軍)は軍船900、兵力2万数千で対馬・壱岐両島を占領して…

奈良~平安時代の地政学

律令体制が確立し、緩み始めるころの話である。 「渤海国は朝鮮半島にあった高句麗の子孫が朝鮮半島北部から沿海地方、満州にかけて築いた国で、日本では当時、高麗とも渤海とも呼ばれ、長期にわたり親密な関係を持っていた」(鍛冶俊樹『領土の常識』p198)…