一条寛治のブログ

日本憲法と安全保障について考えるブログです。

雑記

「教育無償化」というブラックボックス

(最終更新日:2017/11/4) 「教育無償化」とは何か。その疑問を並べてみる。 第一に、無償化の対象となる学年は何か。 幼稚園や保育園だろうか。それとも義務教育の小学校、中学校だろうか。あるいは高校、大学、専門学校に通う学生も対象となるのだろうか…

衆院解散に思う、二大政党制と選挙制度

二大政党制は日本に馴染まない 英国では、貴族とブルジョア、貴族ブルジョア連合と労働者との対立が二大政党制を生んだ。米国では奴隷制度の存続か廃止かで国論を二分し、二大政党制となった。 一方日本では厳しい階級対立や、国論を二分するような争点が存…

「『ニュース女子』 #123」を視た感想① 大東亜戦争について

『ニュース女子』 #123 (大東亜戦争・陰謀論・もしも〇〇が) 大東亜戦争が自衛の為だったか、侵略であったか。この議論の気持ち悪さは、21世紀の価値観を以て20世紀の日本を断罪して悦に浸る人間と、日本は自らを犠牲にしてアジアを解放する良い戦争をした…

おかしな日本の領海と、日本政府

日本の領海は海岸線から12海里までであり、教科書にもそう書いてある。 ichijokanji.hatenablog.com ところで、7月2日に「中国」の軍艦が津軽海峡を通過するという事件が起こった。普通には津軽海峡全体が領海であると考えるが、実はそうではない。 (画像引…

ミサイル防衛は個別的自衛権の行使だ

(最終更新日:2017/11/12) www.sankei.com 仮に北朝鮮がグアムに向けてミサイルを発射すれば、アメリカ軍は在日米軍基地を起点に北朝鮮へ反撃することになる。ならば、北朝鮮はその反撃能力を削ぐために在日米軍基地を同時に攻撃することは容易に想像でき…

「地政学ブーム」に付いて考えたこと

昨年から、書店には「地政学」を題材とする著書が多く並んでいる。何故「地政学」が流行っているのか。 そもそも地政学とは何なのか。 「安全保障を地理的な環境から論ずるやり方を地政学と言う」(鍛冶俊樹『戦争の常識』) 「地政学は、帝国主義の論理です…