読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一条寛治のブログ

日本憲法と安全保障について考えるブログです。

【憲法小論】5日本憲法の基本主義は君主主義、立憲主義、統一主義の三つである

 5.日本憲法の基本主義

 

 日本憲法の基本主義は君主主義、立憲主義、統一主義である。これは帝国憲法から日本国憲法に、即ち大権中心主義から国会中心主義へと移行しても不変であると信ずる。

 

 第一に君主主義が挙げられる。我国が君主政体の国であることは歴史上変ずることなく、皇位は連綿として天壌と共に窮まることは無い

 帝国憲法第一条は「大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス」と、我国が永久に君主国であることを宣明する。

 日本国憲法第一条は「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く」と、天皇は日本国及び日本国民の歴史と文化を体現せられ、それは日本国民の多数ではなく総意であるとする。

 

 君主国に於て君主は元首であり、またその国の象徴である

 帝国憲法第四条に「天皇ハ国ノ元首ニシテ」とある。日本国憲法に元首規定はないが、第六条及び第七条はかつての元首としての大権事項であり、しかし国事行為として政治的意味は失ったが仍天皇は法律上国家の最高機関としての地位にあることに変わりがないことが分かる。

 帝国憲法第三条に「天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラス」とある。これは、天皇政治責任を負わない、即ち権限を持たない、総て国務大臣の輔弼を要するという意味であるが、天皇は日本国及び日本国民統合の象徴であるから、天皇に対する冒涜は即ち日本国及び日本国民に対する冒涜と同義であり許されない、と読むこともできる。それは日本国憲法第一条にも通ずる。

 

 君主主義は立憲主義とも統一主義とも関連する

 立憲主義との関係については、大権中心主義から国会中心主義へ移行した。例えば法律を制定するには天皇の裁可を必要とせず(国会単独立法の原則)、法律に代わる緊急勅令を廃止した(国会中心立法の原則)。内閣総理大臣は大命降下ではなく国会が指名する。

 統一主義との関係については、我国が中央集権国家(単一国家)であることは帝国憲法の時代と変わらない。しかし国家の統治権天皇の大権から国会の統括する所となった。

 

 次の記事

ichijokanji.hatenablog.com

 

 前の記事

ichijokanji.hatenablog.com