読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国家とは何だろうか

日本憲法と安全保障について考えるブログです。

【憲法逐条解説】 第2条 皇位は、皇統に属する男系の男子が継承する。

『新憲法逐条解説』補訂

  第二条 皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。

 

 〔解 説皇位の継承

 本条は旧憲法第二条と略同様であり、別に解説を要するものも無いが、唯旧憲法に比し重要な大変革として見るべきものは皇室典範の性質に付いてである。旧憲法に於いては皇室典範は皇室自律の法であり、皇室の家長としての天皇が之を定め議会は全く其の議に与らなかつた(旧七四条)のであるが、新憲法は形式的には尚皇室典範を保存したけれども、其の性質は之を一変し、皇室の自ら定むる所に任ぜず国会に於いて之を議決するものとしたのである。即ち形式及び内容に於いては従来と同じ皇室典範であつても、其の性質に於いては一般法律と同様の国法とせらるることとなつたのである。皇室典範の下に於いて其の細目を定むるものとして、従来は「皇室令」といふ特別の形式が認められ、等しく皇室自律の法であつたが、将来は此の如き特別の形式は廃止せられ、普通の法律を以て定められるであらう。旧憲法に於ける皇室自律の大権即ち皇室の事は皇室自ら之を定め議会は之に関与せず(七四条)といふ原則は新憲法に依り全廃せられたのである※1

 

 皇位継承の原因、其の資格及び順序に関する定は総て皇室典範に依つて定めらるべきもので、旧憲法には其の資格者を男系の男子に限ることのみは憲法中に之を定めてゐたが、新憲法は其の点に付いても総て皇室典範に譲つて居る。但し新憲法に於いても、其の資格が皇祖皇宗以来の皇統に限らるることは、其の「世襲」であることを公定して居るに依つても明瞭である※2

 

 

 ※1 旧皇室典範、皇室令及び附属法令は昭和二十二年五月二日を以て廃止され、翌五月三日、日本国憲法と同時に現皇室典範及び皇室関係法令が施行された。

 ※2 旧皇室典範第一条には「大日本国皇位ハ祖宗ノ皇統ニシテ男系ノ男子之ヲ継承ス」とある。これに倣い現皇室典範は第一条に「皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する」と定めた。

 なお、旧皇室典範は、皇位継承について男系の男子が世襲すること、皇位継承の原因と順位は法定でされることを定めており、現皇室典範もこれに倣っている。

 

 本文は美濃部達吉著『新憲法逐条解説』、註は引用者(一条)。