読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一条寛治のブログ

日本憲法と安全保障について考えるブログです。

【憲法逐条解説】 第9条 我国はポツダム宣言の求めに従い、戦争を抛棄し、軍備を撤廃した

         第二章 戦争の放棄

 

   第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

    前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

 

 〔解 説〕僅に一箇条の規定であるが、我が新憲法の基本主義の一なる永久的平和主義を宣言せるものとして、重要の意義を有するものであり、特に之を独立の一章として居る。二項に分ち、一は戦争の放棄に付いて、一は軍備の撤廃に付いて規定して居る。

 

 (一)戦争の放棄 国と国との間に成るべく戦争を絶滅しようとすることは、従来も国際的には屡企てられた所で、大正八年の国際聯盟規約、昭和四年の不戦条約等は其の殊に著しいもので、最近の国際聯合憲章も一層確実に其の目的を達成しようとして居る。国内法として諸国の憲法の中にも、此等の条約の精神に鑑み、侵略的の戦争を行はない旨を宣言して居るものも、必ずしも稀ではない。

 

 併しながら如何に条約を以て戦争に訴へないことを約したとしても、苟も列国が軍備を保有して居る以上は、其の条約を破毀して事実上に武力を以て他国を侵撃するものが絶対に無いとは保障する途なく、若し此の如き不法の攻撃を加ふるものが有れば、我も亦武力を以て之に対抗することは、国の生存を保つ為に避くべからざる所で、若し之をも禁止するとすれば、それは国の生存を抛棄するにも等しい。随つて何れの国の憲法でも、侵略的の戦争は之を行はない旨を規定して居るものは有つても、防衛的の戦争の権利をまでも抛棄する旨を規定して居る例は全く見ない。

 

 独り我が国は、ポツダム宣言受諾に伴ひ、一切の軍備を撤廃し、戦争遂行能力を完全に失つた結果は、防禦的の戦争すらも事実上不可能となつたので、世界の諸国に未だ嘗て類例を見ない絶対的の戦争抛棄を宣言するに至つたのである。

 

 戦争の抛棄に関して本条に声明して居る所は四点に分けることが出来る。(1)其の理由付けとして、『日本国民は正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し』と曰つて居る。是れは勿論真の理由ではなく真の理由はポツダム宣言受諾に在ることは言ふまでもないが、併し日本が自己の生存の危殆に瀕するをも厭はず、一切の戦争を抛棄することを決意するに当りては、同時に正義と秩序を基調とする国際平和を理想とし、此の理想に向つて邁進せんとするものであることも亦真実であり、此の理想を掲げて以て世界に対し戦争抛棄を宣言して居るのである。(2)国権の発動たる戦争を永久に抛棄することを宣言して居るのは、本条の中心を為すもので、戦争を為すことは独立国としての当然の権利であるが、日本は国際平和の理想の為に此の国権の発動を抛棄し、如何なる場合にも絶対に戦争を為さないことを世界に声明して居るのである。(3)戦争までに至らずとも武力を以て他国を脅威し又は武力を行使することを以て国際紛争解決の手段と為すことは、日本は永久に之を為さない。(4)第三(二、引用者)項後段には別に『国の交戦権は、これを認めない』と曰つて居り、それは仮令他国から進攻を受くることが有るとしても、日本は之と戦争を為す権利あることを認めないといふ趣意を言明して居るものと解せられる。

 

 (二)軍備の撤廃 ポツダム宣言は、日本が一切の軍備を解消し其の戦争遂行能力の完全に破砕せらるべきことを終戦の条件として居るのであるから、之を受諾した日本が、陸海空軍其の他の戦力を保持することを憲法上に禁止するに至つたのも、已むを得ないものと認むるの外は無い※1。啻に陸海空軍のみならず空軍に転換せられ得べき航空業は全面的に禁止せられ、其の他兵器・弾薬・航空機・海軍艦艇等の製造工業も亦禁止せらるることとなつた。戦力が全然失はれたのであるから、憲法前文に示されて居る如く、日本は平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して其の安全と生存を保持するの外なきに至つたのである。

 

 

 ※1 併しながら、「我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、我が国を防衛することを主たる任務と」(自衛隊法第三条第一項)する自衛隊が、昭和二十五年の警察予備隊の設置から保安隊を経て、昭和二十九年に設置された。

 

 本文は美濃部達吉著『逐条憲法解説』、註は引用者(一条)。

 古字・旧字体を新字体に改めた外は原文のまま。