一条寛治のブログ

日本憲法と安全保障について考えるブログです。

自衛隊の災害派遣における現実

 「東日本大震災自衛隊が大活躍したのは周知の事実だが・・・あの震災時、米軍がいわゆるトモダチ作戦で日本国民を救援してくれたが、その米軍は武装解除をしていなかった。武器は携行するか身近な所に保管していたのである。

 それは考えて見れば当然のことであろう。軍隊が出動しなければならないほどの大規模災害が起きた場合、その地域の警察組織は寸断され機能しない状態になっていると考えられる。ならば暴徒に襲われる可能性がある。さらには住民は略奪されているかもしれない。

 それを救うためには武器の携行は不可欠である(鍛冶俊樹『国防の常識』p54)

 

 「つまり隊が災害派遣される場合は治安出動も兼ねているのが普通(同同)

 

 「だが問題は陸上自衛隊だ。全兵力の3分の2近くを災害派遣に振り向け・・・しかも災害派遣では基本的に武装をしていない。もし震災地に北朝鮮がゲリラ部隊を侵入させていたら陸自は住民の命を守れないどころか自らの身さえ危なかったのである(同p60)

 

 

 東日本大震災での自衛隊の活動には、称賛の声もある一方、「信じがたいことに震災後三日間で手持ちの食糧が尽きたために、コンビニで買ったレトルト食品で飢えをしの(倉山満『「軍国主義」が日本を救う』)、「震災派遣などで使用する専用の地図が自衛隊の派遣部隊になく、ゼンリンの地図で被災地に行けという無理難題の命令が出され、無理やり行かされたものの、軍用手袋も足りていない悲惨な状況(同)であったという批判もある。

 自衛隊は、災害派遣の用意すらしていなかったことを証明することとなった。

 

 

 「阪神淡路大震災では、自衛隊の出動が遅れた。軍隊は緊急事態に即応する。従って自衛隊は即応してはならなかった訳だ。また自衛隊は交通渋滞に巻き込まれてなかなか前に進めなかった。軍隊は自ら交通規制を行い、従って交通渋滞に巻き込まれる事はない。だから自衛隊は交通渋滞に巻き込まれて軍隊でない事を示さなければならなかったのである(鍛冶俊樹『国防の常識』p75)

 

 「こうした欠陥は米軍などから指摘されて、部分的に改められたので東日本大震災ではある程度の即応が可能になったが、やはり軍隊としての地位が認められていないがために、十分な救出活動が出来なかった(同同)

 

 

 ▼引用文献

国防の常識 (oneテーマ21)

国防の常識 (oneテーマ21)

 
「軍国主義」が日本を救う (一般書)

「軍国主義」が日本を救う (一般書)