一条寛治のブログ

日本憲法と安全保障について考えるブログです。

日本国憲法前文は、9条を否定している

 第一段落第一文

 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。 

   

 まず、「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうに」とあるが、政府の行為による戦争の惨禍とは何だろうか。それは外国に直接又は間接侵略の隙を与え、日本国内が戦場となり、国民、特に非戦闘員が犠牲となることではないだろうか。

 つまり日本国民は、再び敗戦の憂き目に合わぬようにすることを決意したのである。従って政府は軍備を整え、戦争に備えるべく、より良い安全保障体制を追求するべきである。

 また、国家の防衛力、経済力は国民によってのみ支えられる。従って国民は国防義務納税義務を負っている。

 

 同第二文

 そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。

 

 これは院政の意義を説くものである。

 国家は国民の団体であり、国民自らが治めるべきである。ゆえに国民には参政権が与えられている。

 また、国民は「再び戦争の惨禍が起ることのないやうに」国会を通じて政府を監督する地位にある。

 

 同第三文及び第四文

 これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

 

 第一文、第二文によれば「人類普遍の原理」とは、国家には自衛権があること、議院政治が行われるべきこと、の二点である。そして「これに反する一切の憲法・・・を排除する」のであるから、この限りにおいて第9条は排除される、つまり無効であると読む

 もし「武力の行使」(9①)や「国の交戦権」(9②)を認めなければ、自衛戦争はおろか、領海侵犯を繰り返す外国船を沈めることさえ出来ない。国際法に遵うことすらままならないのである。

 現に政府の行為、否、政府の不作為によって尖閣諸島周辺に出没する中国船は年々増加し、今や日本人が近付くことが出来なくなった。

 政府の不作為によって再び戦争の惨禍が起り得るのであれば、それは日本国民の決意を踏みにじることである。従って「9条は憲法違反である、無効である」と認め、粛々と自衛隊を軍隊として活動させられるよう法律を整えるべきだ。

 

 多少アクロバットではあるが、解釈改憲によってしかこの国難を乗り切ることは出来ないと思う。